お金を返さないと・・・

IMG 3854

当然、金融機関から督促がきます。まず、電話での督促で銀行に呼び出されます。

銀行に行かずに無視していると、3ヶ月後ぐらいに「期限の利益の喪失届」という書類

が郵送されてきます。

期限の利益の喪失とは債権者が、債務者に対して債務の履行を請求できることをいいます。

そうすると金融機関は債務者の債務を一括請求できるようになります。

 

その後はどうなるの?(プロバー融資の場合)

金融機関は、一括返済は要請してくるかもしれませんし、担保物権を強制競売にかける

かもしれません。

「期限の利益の喪失届」が来てから3ヶ月間、さらに督促の電話がくることもあります。

返済が滞ってから6ヶ月後には金融機関はサービサーという債権回収業者に債権を売却

してしまい、その後はこのサービサーとの折衝になるのが基本的な流れです。

 

その後はどうなるの?(信用保証協会付き融資の場合)

信用保証協会付き融資については「期限の利益の喪失届」を発行してからすぐに

事故報告が挙げられます。その後の3ヶ月は形式的な連絡が来るだけになります。

そして、返済が滞ってから6ヶ月後に信用保証協会の代位弁済(信用保証協会が

代わりに債務を金融機関に返済すること)を行い、金融機関とは縁が切れ、その

後は信用保証協会との折衝ということになります。