人的担保には保証人と連帯保証人がある

IMG 3879

保証人と連帯保証人は、主債務者が返済できなくなった場合に代わりに

返済しなくてはならない点では同じです。

しかし、ただの保証人は認めれている権利が連帯保証人には

ありません。その権利とは・・・

 

連帯保証人には「催告の抗弁権」がない

「催告の抗弁権」とは、保証人が借金の肩代わりを求められたとき、

債権者に対して「借金した本人が破産したり行方不明になっていない

ので、私より先に本人に取ってください」と抗弁できる権利です。

連帯保証人はこの「催告の抗弁権」がありません。

 

連帯保証人には「検索の抗弁権」がない

「検索の抗弁権」とは、「借金した本人に財産や収入があることを証明

するので、ます、本人から取るべき」と主張できる権利です。

連帯保証人にはこの「検索の抗弁権」がありません。

 

さらに、連帯保証人には「分別の利益」という権利もない

「分別の利益」とは、保証人が複数いる場合、保証人は債務額を

人数で割った金額までしか保証しなくてもいいという決まりです。

連帯保証人にはこの権利もありませんので全てを肩代わりしなくては

ならなくなる可能性も出て来ます。

 

保証人と連帯保証人は雲泥の差がある

連帯保証人の欄に印鑑を押してしまうと、ただの保証人では

認められている当たり前の権利がなくなってしまいます。

極端な話、主債務者に借金の取り立てをする前に、連帯保証人に

請求がきても文句を言うことができません。

 

連帯保証人を付ける場合、連帯保証人になる場合、共にこの違いを

きっちりと理解しておく必要があります。