己を知り敵を知れば百戦危うからず

中小企業や個人事業主の方が借入をするのであればまずは日本政策金融公庫を当たってみるのがいいでしょう。

日本政策金融公庫は他の金融機関に比べて借りやすいです。

また、他の金融機関であっても信用保証協会付きの融資は借りやすくなっています。

この2つの組織がどんなものであるのかを、知っていればこちらも戦いやすくなります。

知っているようで、知らないこの2つの組織についてご紹介します。

IMG 3774

日本政策金融公庫はどんなところ?

日本政策金融公庫は、一般の金融機関とちがい、発行済株式の総数を政府が常時保有する

国策銀行です。

そして、国の政策に基づいて新たな事業の創出など日本経済の成長・発展に貢献し、中小企業

・小規模事業者及び農林漁業者等の活力発揮に向けた支援を推進するのが目的になっています。

普通の銀行は営利目的であるのに対して国の後押しもある中小企業などの小規模事業者に

優しいのが日本政策金融公庫ということになります。

ポイントは、国がバックにいるいうところでしょう

信用保証協会ってどんなところ?

信用保証協会は、借入の申込者が金融機関から融資を受けられるように保証を

してくれるところです。

金融機関ではないことに注意しましょう。

昭和24年に創立した県単位の公の機関です。

私の住んでいる埼玉県にも埼玉県信用保証協会があります。

埼玉県信用保証協会のトップは埼玉県庁出身の方々や埼玉県を地盤にする地方銀行の頭取、

県議会議員、関東信越税理士会埼玉県支部連合会副会長がついてます。

この公の機関が保証してくれるので中小企業や小規模事業者にも安心してお金を貸して

くれるのです。