snow-1217124_1920

消費税は、お店の売上が多くなってくると納める義務が

発生します。

具体的には売上が1000万円を超えると消費税を

納めなくてはならなくなります。

1000万円を超えた年からすぐではない

accounting-806393_1920

1000万円を超えたらすぐに消費税を納めるという

訳ではありません。

2年後からの適用になります。

たとえば平成28年に売上が1000万円を超えた場合には

その2年後の平成30年から消費税を納めることになります。

新規開業の場合は一番早くて3年目から納税

fullsizeoutput_2f2

開業した年に売上が1000万円を超えた場合には、次の年は

消費税は納税しなくて大丈夫です。その次の年から消費税を

納めます。

簡単に計算できる方を選択するかどうか検討しておく

account-880780_1280

消費税の納税額を計算する方法は2種類あります。

厳密に計算する方法とあまり厳密には計算しない方法です。

計算方法が違うので納税しなくてはならない金額も

もちろん違ってきます。

どちらの方で計算した方が有利になるかはケースバイケースと

なっています。

厳密に計算した方が節税になることもあります。

あまり厳密には計算しない方法(どんぶり勘定)が節税になる

こともあります。

関連記事 

消費税ってどんな税金?ざっくりイメージできるように説明します。

 

どっちの方法を選択するかは前もって届け出なければならない

learn-528391_1920

厳密な方法、あまり厳密ではない方法があり、あまり厳密ではない方法

を選択しようとした場合にはその年が始まる前に届出なけらばなりません。

たとえば、平成28年に売上が1000万円を超えて平成30年から

消費税を納めなくてはならない場合を考えてみましょう。

この場合は平成29年12月31日までに届け出なければならないのです。

平成30年になってから届け出ても適用されるのは平成31年からになってしまいます。

注意しましょう。

開業初年度、消費税の還付を受けたい人の場合

accounting-1112920_1920

開業初年度に多額の設備投資をした場合には、消費税の計算を

した方が得になることもあります。

預かった消費税よりも支払った消費税の方が多くなるからです。

この場合にも届出が必要になります。

本来は消費税の計算はしなくてもいいものですからね。

この届出の提出期限は開業した個人事業主の場合は

12月31日までとなっています。

法人の場合は、新規開業した年度の末日までと

なっています。

設備投資があったらこの届出書を出して

消費税を計算しましょう。