office-620822_1920

個人事業主が売上を発生主義で毎月計上するのは大変です。

しかし、青色申告で65万円の控除を受けるためには売掛金を計上

しなくてはなりません。

なので、折衷案として期中は現金主義で、期末だけ売掛金を計上する

方法をお勧めします。これでも、12月末までに発生した売上は

計上できるので大丈夫です。

現金主義・発生主義とは何か

売上を例に説明します。

現金主義はお客さんに商品やサービスを提供して、その代金を

もらった時に売上を認識する方法です。

普通、掛取引を行なっていれば商品の提供と代金をもらうまでに

タイムラグが生じます。

例えば10月末に商品を引き渡して請求書を発行したとしても

その代金を回収するのは1ヶ月後の11月末だったりします。

発生主義の場合には10月末に商品を引き渡した時点で売上を

認識します。

この時の仕訳が

売掛金 / 売上

となるわけです。

 

売掛金を発生主義で計上するのは管理が大変

apple-1850613_1280

売掛金を使って売上を発生主義で計上すると入金があった

ときに売掛金をなくさなければいけません。

仕訳にすると

預金/売掛金

です。

そして売掛金がちゃんと預金や現金として回収されているか

チェックします。

ただ、売掛金の回収がちょっと遅れたり、入金の金額が少し

請求金額と違ったりと必ずしも売掛金が綺麗になくなるとは

限りません。

そこで期中は現金主義で売上を計上しちゃいます。

仕訳は

預金/売上

です。

通帳に入金があったときに売上を認識します。

こうすれば売掛金の残高を毎月気にする必要はなくなります。

期末だけ発生主義にすれば12月分の売上を計上できるので

大丈夫なんです。

 

いつかは発生主義にチャレンジしよう。

spreadsheet-98491_1280

まだ、帳簿付け初心者は期中現金主義、期末だけ発生主義で

いいと思います。

でも、これだと売上の回収漏れに気づきません。

なので、いつかは発生主義にチャレンジしてほしいです。

とても大変な仕事になるかもしれないです。

会計ソフトだけだと管理が難しいかもしれないのでExcel

で売掛金の管理表を作成するといいでしょう。

発生主義を適用することにより回収漏れに気づいたり、入金額が

少なかったりすることに気づいたりできます。

大変かもしれませんがチャレンジしがいがありますよ。

Excelの扱いにも慣れるかもしれませんしね。