貸付金が嫌われる理由

IMG 3859

銀行などの金融機関は決算書を見て融資を決定したり、

格付けをしたりしてその会社を評価します。

 

評価するときに、決算書に貸付金があると一気に

その会社を信用しなくなります。

なぜ、そうなるかというと、わざわざ金融機関が

お金を貸している、またはこれから貸そうとしているのに、

そのお金をどこかにまた貸されてしまうのではないかと

危惧するからです。

 

設備投資で借りるなり、運転資金で借りるなりした場合

その資金が他の誰かに貸し付けられているというのは

ありえませんよね。

 

決算書に貸付金を計上してはいけない

融資にあまり詳しくない税理士は、貸付金を計上してしまう

ことのデメリットをあまり知りません。

なので、税理士のいいなりになっていると、銀行融資に不利な

決算書になってしまうことがよくあります。

決算の時には税理士に貸付金を計上しない処理を強く求めましょう。

 

すでに貸付金が計上されている場合

銀行などの金融機関はすでにある貸付金が本当に戻ってくるかどうか

も心配してます。

なので、貸付先の内容を決算の時の内訳書に記載するようにしましょう。

誰に、いくら貸していて、どのような理由で貸したか、毎月どのぐらい

返済があるのかを明記します。

貸付金が減少していく過程を説明できるようにしておけばいいでしょう。

逆に貸付金が増加していくようだと、評価が下がるのは防ぎようありません。