銀行は貸借対照表では棚卸を注視している

IMG 3844

 

貸借対照表とは決算日当日の資産と負債を貨幣的

数値で表した表の事をいいます。

 

その貸借対照表では銀行は以前説明した貸付金という

科目を嫌います。

そして次に増えすぎた棚卸(商品などの在庫)も嫌います。

 

なぜ在庫が嫌われるのか?

通常の量の在庫なら特に問題ありません。

ただ、増えすぎると資金繰りを圧迫してしまうので

嫌われてしまいます。

資金繰りの圧迫ということのほかにも嫌われる

原因があります。

 

そもそもなぜ在庫が増えてしまったのか、在庫の

管理体制の不備を疑われてしまうからです。

 

そして増えすぎた在庫は、本当に売れるのかという

ことを銀行は心配してきます。

 

最後に、貸借対照表に計上している在庫の金額は

本当に合っているのかということまで疑ってきます。

架空の在庫を計上して原価を少なくし利益を出すという

粉飾決算をしているのではと銀行側では考えるのですね。

 

どのくらいの金額だったらいいのか

在庫の金額はその会社の売上規模の影響を強く受けます。

売上が多い会社は在庫も多くなりますよね。

そこで、銀行では月の売上のだいたい2ヶ月分までの

在庫だったら通常のものとしてみてくれているようです。

 

なので、月1000万円の売上がある会社でしたら、

2000万円ぐらいの在庫であれば問題なしとします。

 

銀行に好かれようとして決算をすると自然と在庫管理まで

きっちりとこなせるようになるんですね。