節税をすると格付けが下がるという悩ましい関係

IMG 3786

会社に対してはその儲けに対して法人税が課されます。

儲けが大きいほど税金が高くなりますので、

その儲けを少なくすることを節税と言います。

 

例えば、決算が迫ってきたところで多額の利益が

出ていたとします。

このままでは法人税がとんでもなく課されてしまう

ということで、必要もないパソコンや

消耗品、贈答品を計上して利益を圧縮するという

節税対策があります。

 

経費を多く計上することにより利益が圧縮でき

て節税対策にはなるのですが、金融機関からの

格付けは悪くなってしまいます。

 

金融機関はどこをみて格付けしているのか

毎年の利益の積み重ねである自己資本比率をみて

その会社の格付けをしてきます。

なので、毎年の決算で節税のために利益を抑えて

いると、自己資本も少ないので格付けは

どうしても低くなってしまいます。

 

節税するか格付けを上げるかはその会社の状態次第

これから先、設備投資や運転資金は金融機関からは

借入しないと決めているのであれば、格付けを上げる

必要はありません。なので、黒字ぎりぎりの決算で

税金の支払いを抑えるのもいいでしょう。

一方、この先何があるかわからないから手元に預金を

を残しておきたいとか、設備投資をして事業拡大して

みたいなどと考えている経営者の方でしたら、

金融機関と付き合っていかなければいけないでしょう。

その場合には格付けが高ければ高いほど金融機関

から好条件で資金を調達することができます。

 

一時的な税金の支払いは増えてしまうかもしれませんが、

金融機関から高い評価を受ける利益を出して行く

会社の方が、安心して思い切った経営ができると

思います。