1番重要なのは・・・

IMG 3823

売上と利益です。

売上については、前期と比べてどうなっているのかを見ます。

横ばい、増加であれば銀行としても心配はしません。

減少していても少しぐらいなら大丈夫です。

ただ、大幅に減った時は、利益も見ます。

大幅に減ってはいても利益が出ていれば、不採算部門から

撤退したのかもしれないと考えてくれるからです。

 

売上減少が、業界全体のものなのか、競争激化のものだったり

するのか、原因を説明しましょう。

また、それに対抗する手段を考えているのか銀行は

経営者に聞いてくるので、答えられるようにしましょう。

 

利益もいろいろあるけどどの利益を一番評価するのか

損益計算書には、さまざまな利益があります。

売上から売上原価を引いた売上総利益、

売上総利益から販売費及び一般管理費を引いた

営業利益。

営業利益から、営業外費用、営業外収益を加味した

経常利益。

最後に経常利益から、特別利益、特別損失を加味した

当期利益があります。

これらの利益のうち銀行は経常利益を一番評価します。

当期利益は、特別利益や特別損失を計算したのち

の数字ですので、特殊な要因があれば乱高下します。

一方、経常利益は、毎期の通常業務で計算された

ものですので、前期、前々期と比較できるため

この利益を会社の状態を知る上で一番重要視します。

 

なので、経常利益をいかに上げていくかを経営の課題に

していくといいでしょう。