coins-361488_1280

1人で会社を経営している方や個人事業主は現金出納帳を

つくらず、しかも現金勘定もなくして経理すると楽ですよ。

1人社長の場合は未払費用勘定を使おう。

calculator-1085391_1920

事務所に金庫を持って事業用の経費を支払うたびにそこから

支払っていたら大変です。

プライベートで遊んでいて、事業用の消耗品を買いたくなることも

あるでしょう。

この時、プライベートの財布と事業用の財布を分けて支払うのも

いいでしょう。

でも、大変ですよね。

なのでプライベートの財布から会社で使う備品も支払ってしまいましょう。

そして事業で使ったレシートは大切に保管します。

財布などに入れておいてレシートがたまったらノートにペタペタと

貼っていきますよ。

1週間に1度、2週間に1度、1ヶ月に1度などと期間を決めて

ノートに貼ったレシートの合計額を事業用の通帳から引き出します。

引き出したら会計ソフトに入力しましょう。

まずはノートのレシートを一つづつ入力していきます。

事業用のペンを買ったレシートだったら

貸方に消耗品費とし、借方は未払費用にしておきます。

日付はレシートに記載されているもので入力です。

最後に通帳から引き出したレシートの合計額を仕訳します。

借方は未払費用として、貸方は預金になります。

こうすることで、未払費用勘定は清算されて0円になります。

ポイントは事業で使ったレシートとプライベートで使ったレシートを

わけておくことです。

分けておいて事業で使ったレシートについてはこまめにノートに貼って

いきます。

レシートをノートに貼るだけで現金出納帳や現金勘定を作らないで

経理できちゃいますよ。

個人事業主はもっと簡単に経理できる

office-614213_1920

個人事業主には「事業主借」や「事業主貸」という便利な勘定科目が

あります。

事業用の通帳から1ヶ月に一度生活費を引き出すとします。この時の

仕訳は

借方が「事業主貸」で、貸方が預金になります。

その後プライベートの買い物をするために財布からお金をしはらった

時はどんな仕訳が必要でしょうか?

プライベートの支払いについては当然仕訳はしません。

一方、事業用の備品を買った場合には

借方が消耗品費で貸方が「事業主借」として経理します。

「事業主貸」と「事業主借」は特に同じ金額になる必要は

ありません。

事業のために支払ったら「事業主借」で処理すればいいのです。

わざわざ現金勘定を使う必要もないでしょう。

まとめ

1人社長や、個人事業主は事業に使った経費は立替えておくことが

できます。

立替えておいてまとめて清算すればいいのです。

従業員が多くいたら、すぐに経費を清算するために現金を

会社に用意しておく必要が出てきます。

そうなった時に初めて現金出納帳や現金勘定を使います。

1人や2人でやっているうちは楽なやり方を選択しましょう。