借入するときに銀行は必ずその目的を聞いてくる

cropped-IMG_3762-2.jpg

銀行に借入を申し込むときにはその目的、理由を説明できるようにしておきます。

なぜ、銀行は借りる目的を聞いてくるかといえば、あなたがもし、友人にお金を

貸すときに、その理由を聞くのと同じことです。

貸した相手が、ギャンブルなどに使ってしまって返済してくれなかったら困るわけです。

なので、どのように使うかは説明できるように書類にしておくのもいいと思います。

あなたの借入目的は2つに分類できる

設備資金

飲食店であれば、店舗の改装。製造業であれば機械の購入。建設業であれば

重機やトラックの購入が設備資金ということになります。

あなたが、何か設備を購入したいと考えて借入をするのであれば、借入目的は

設備資金の為に借りるということになります。

運転資金

運転資金は設備資金よりも説明が難しくなります。

借入を申し込むときの運転資金とは、赤字が続きその穴埋めのために借りたいというときに

使うものではありません。一時的にお金が足りなくなり、銀行から借りられれば、資金が回る

というときに使うものです。

ただ、創業時には、お得先も少なく赤字になってしまうこともやむを得ないと銀行も考えていますの

で赤字の穴埋めとしての運転資金も認めてはいます。

銀行は、借入目的から返済可能かどうかチェックしている

設備資金であれば、どのような設備を購入しているかを知ることにより、投資の回収ができる

か判断しています。

運転資金であれば、事業計画書や、資金繰り表を会社から、提出させ返済可能かどうかを

判断します。

なので、あなたが銀行などの金融機関からお金を借りたいのであれば、その目的を明確にして

説得力のある書類をつけて説明することが必要になります。

説得力があればあるほど、借りられる確率は高まります。